何万分の1の星になる

ジャニーズ話の雑記帳

ジャニヲタ文芸部【第1回お題:チケット】

ichigonokimi.hatenablog.jp

いまいちジャンルが分からない。お話と言うよりワンシーン。 

実の詰まった内容に練りこめず、今後の課題。

 

 

多色券売店

 

いらっしゃいませ。何をお探しで?

ああ、チケットをお求めになられるのですね。

こちらからお選びください。

 

・透明

当たらなかった人に見える幻影

SNSで取引をする、100%存在が信用できないもの。交換・譲渡用。

・白

自分の名義で手に入れた、自分が入るためのチケット(非売品)。

・深緑

あなたの主観で悪いと感じるであろう座席番号が記載されている

・青

あなたの主観で、周辺の客のマナーがよく、おちついて参戦できる座席番号が記載されている。

・ピンク

あなたの主観でときめきを覚える瞬間が多いであろう座席番号が記載されている。

・赤

熱を入れて応援できる座席かもしれないし、血みどろの銀テ合戦を行わないといけないかもしれない、両極端な席。おそらく、大抵はあなたの主観で、嬉しい座席番号が記載されている。

・黄

多くの人間がこの一枚のために多くの金銭をつぎ込んだという。

・黒

モラルにそむく取引が行われた証。

 

長年店をやっていますが、みんなはじめは、当落のたびに、当たれば良いとか、どこでもいいとかいってるんですよね~。でもまあ、ほとんどの人がこの店に来て、別の色に変えてだのなんだの言ってくるわけですよ。まったく人間は欲深いな。

困ったことにボクの主観で緑に見えても、別の人には赤にみえたりとか、人によっちゃあボクにとっての黒と黄色が同じに見えるって人もいますからね。分類が出来ないんで、こうやって紙きれの山を持ってきて、自力で好きなのを探してもらってます。この山をみせたらドン引きして50人に1人は帰るんですけどね。

さてお嬢さん、こちらの紙切れの山、あなたには何色が多く見えるんでしょう?

あ、もしもここに書いていない色があったりなんかしたら、言って下さいね。

それは、僕が知らない、僕には見えない色かもしれないので。

 

 

取引、定価、積み、多ステなどなど、いろいろあって、不毛な争いも多いけれど、主観のぶつかりあいだよね、相容れないよねってはなし。見え方が違う人とは距離をとったほうが良い事もある。