何万分の1の星になる

ジャニーズ話の雑記帳

第0回ジャニヲタ文芸部【お題:担当】

もともと詞とか短歌とかは好き。苦手な古文も和歌の解釈は好きだったし。

中学高校と吹奏楽部(パーカッション)だったけれど、面白そうだったので参加することにした。息抜きもしたかった。

 

方法などに関しては、発案者様の以下の記事を参照ください。

ichigonokimi.hatenablog.jp

 

随筆長くて重たくなっちゃいそう、疲れたら息抜きの意味ないし…と思ってみたら「都都逸」ってあって、はずかしながら知らなかったので調べて見た。

現代都々逸のつくりかた

面白そうだったので、都都逸と短歌を組み合わせることに。以下投稿作品。

 

==================================

好きだ 目が行く 尊敬してる うちわ持ちたい 生きる糧

親の気分だ 茶の間に現場 お駄賃あげたい 養おう

見られもしないと わかっていても 宴前には あなた色

君の笑顔は 私の希望 お世話になります よろしくね

愛やエゴや… 電子の海に 持ち寄れば めいめい違うと 気づくはずだよ

==================================

 

補足するならば、都都逸は主観、和歌は客観を意識しました。

 

b.hatena.ne.jp

↑他の方の作品も素敵です。主催者様のまとめを見るのを楽しみにしつつ、「書きたい」し「書かなければならない」文章の執筆に戻ります。