何万分の1の星になる

ジャニーズ話の雑記帳

有岡大貴、君の促音便に恋してる

もともと彼の声は好きだ。アイドルソングを歌う中にあらわれるスパイシーさが好きだ。かすれた声も好きだ。その声に関してはこの記事で述べた。

 

nf-arsxhsj.hatenablog.com

ただ先日、Hey! Say! JUMPの曲を聞いていて気づいてしまったのだ。彼の発する「っ」が好きだということに。

まず「っ」とは、促音とか促音便と言うものなのだが、どうやら促音は「小さいつ(っ)」そのもののことで、促音便は「っ」という音のことを言うらしい*1。(言語学専門じゃないので詳しい方がいらっしゃいましたら教えてくださると嬉しいです。)なるほど私は有岡君の「促音便」が好きなのか。

=========================

追記8/30(促音について解説をいただけました。ご本人様の許可がありましたので本文に転載します。)

 促音と促音便の違いはYahoo!知恵袋にあるとおりです。促音というのは「っ」で表記されるような、つまる音、そのもののことです。促音便というのは、動詞・形容詞・助動詞など、活用するときに促音に音が変化することを言います。伊野尾くんは「歩いて」(「歩いて」はイ音便です)のことをテンションが上がった時「あるって」というのですが、これは促音便です。 お好きとおっしゃっている有岡くんの歌いまわしは、言語学的に「促音の挿入」と言えるものと、歌のテクニックとして「しゃくり」と言われるものが混在しているように思います(この2つを厳密に分けるのは難しいと思います)。

これをふまえて読んでいただければ幸いです。コメント主様、ありがとうございます。 

=========================

なぜ「促音」ではないかと言 うと、歌詞では「っ」と促音で表記されていてもテヌートぎみに歌っていたりとか、あまり音の跳ねを感じられないところもあるからである。歌詞では「っ」促音表記でなくともスタカートあるいはアクセントをつけて歌うことで、促音便=耳で聞いていて「っ」を感じることができる。私は有岡大貴が発音する”音としての「っ」”が猛烈にすきなのである。

そういうわけで、私が聞いていてわかるかぎりの有岡君の促音便を集めてみた。全部の曲は聴けてないのだが…。とりあえず以下の通り。

f:id:nf_arsxhsj:20150829225710j:plain

 これに英語の発音(スギルセツナなど)とラップ(RideWithMe・ウィークエンダー・桜、咲いたよ、など)を加えたものが主な促音便の宝庫となる*2。とりあえずこの表の中で好きな曲を選んで、該当パートを聞いていただければ、筆者が何を言いたいのかは感覚的に伝わるはずである。ちなみにオレンジで網がけしている部分というのは文末(パートの終わり)に「っ」を感じた箇所である(=歌詞カード上では「っ」の表記がない)。つまり、私は彼の語尾の処理もたまらなくすきなのである。おそらく彼の声の特徴である「かすれ」をいっそう堪能できるからなのだと思う。

 ではここで、私の好きな有岡大貴促音便ランキングTOP5(ラップ除く)をお届けしたい。

 

5位 Fever「よーろしくぅっ」「よーりどーりっブーンッブーンッ」

勢いがあり、単語も独立していて比較的耳に残りやすい促音便である。かすれもつよく出る曲なので、声の特長も生かされている。有岡促音便初心者にもお勧めの一曲。

4位 明日へのYELL「願いを心に~っ」「前のめりにはしりつづ~けてっ」

特に前者の1番サビ前を推奨する。PVの表情とともに、目と耳で感じることで有岡促音便のよさを実感できるはずだ。

3位 ヨワムシ★シューター「からまぁってたーっ」「かけーらっさーがっしーってるーぅだーかーらっ」

選抜理由は4位とほとんど変わらないのだが、パート割り当てがやや多いこと、文章中の促音便も随所に見られることで選抜。有岡促音便中級*3

2位 SHenSHeraSHen「なんとなっくぅーきづいちゃっうーシークレッハーッビーッ」

私がこの記事を書こうと思った理由はこの曲にある。爽やかでペールパープルとペールブルーの光の中の世界を連想させる曲なのだが、有岡撥音便のおかげでそこに一気にラメが散ったような感覚を覚える。実際に散らばっているのは子音の「t」なのだけれど。最新アルバム収録曲なので皆さんもすぐ聞けるはずだ。いままでSHen~がそこまで推し曲じゃなかった人も、ここのパートから魅力に気づいていただきたい。

1位 スクランブル「もう一度おっしよせてはこなっいかとぼっくはぁ~おーちるなみっだっをうみになーがしたぁっ」

これは作詞作曲の勝利みたいなところがある。薮くんはじめスタッフさんには頭が上がらない…というのも、この曲での「っ」がちょうど裏拍の部分にあたり、より曲にノることができる(バックトラックが一定リズムでできている(♪ウッタラッタランラン))ことに加え、詞の世界観やせつなさを、有岡撥音便が際立たせている(と感じる)からである。特に「来ないかと僕は」の「な」の部分が至高。

 

実は上の表には、ReloadとSchoolGirlを含めなかった。というのも、この2曲の促音便探しは読者の皆さんへの宿題にしたいからだ。ともに有岡君の魅力的な促音便(と声)が堪能できる。そして比較的「っ」がわかりやすくちりばめられている。別にそこに「っ」があるかないかとか、本人が「っ」を意識しているとか、そういう問題ではないのだ。自分の耳で感じ取った「っ」に無限の可能性を感じていただくことができれば、私はこの記事を書いてよかったと心の底から思うのである。

*1:促音と促音便の違いは何ですか? - 促音は、音の種類をいう名前です。... - Yahoo!知恵袋

*2:英語とラップは書き出すととてもじゃないが量が多いので省略した

*3:基準はよく分からない