何万分の1の星になる

ジャニーズ話の雑記帳

最終回の1話前の話のラストで手のひらを返してほしいジャニーズ10選

先日Twitterで流行った村焼かれタグ。そのタグから焼かれたいジャニーズ、そして復讐しに来そうなジャニーズについて綴ってらっしゃる方々がいらっしゃいました。
 

lgc-24.hatenadiary.jp

mmtjr.hatenablog.com

わたしも10人選んでなんか書きたいなあと思っていて(半分便乗である)、思い付いたのがタイトルのそれ。その字のごとく「最終回の一話前のED後のワンシーンで、味方サイドが実は敵だったパターンをやってほしいジャニーズ」を10人選びました。タイトル長えよ。
 
復讐ジャニとかぶってしまうところがあるのだけれど(申し訳ありません)、このランキングの大きなポイントはラストまで伏線がばれてはいけないので「パッと見悪役ではない人たち」だということです。うまく陰をひそめて一般社会で生き延び、最後に主人公を追い詰めてもらいましょう。
なお、書き手はJUMPを主軸に嵐も応援し、母はスマヲタ、最近のNEWSもかじってるといったところなので、この辺りのGを贔屓目に見ているかもしれません…そこんとこ多目に見てちょ
 
なぜかせりふも考えてしまった
(お察しかと思いますが厨二病拗らせてます)
 
 
なあ、今どんな気分?怖い?俺は最高の気分やわ…
 
口を開かぬ限りは毒っ気ZEROの笑顔。最終話の1話前、主人公は彼に呼び出されて二人きりになるのですが、そこでニコニコしながら急に拳銃を突きつけられるor一連の事件の手がかり(=黒幕はシゲ)となる発言をし、主人公を恐怖の淵に突き落としてほしいです。
 
9位 中丸雄一(KAT-TUN
まったく、これまでの事件は茶番にすぎなかったんだよ?あまりにも推理がお粗末だから毎度軌道修正に骨を折っていた僕の身にもなってくれ…
物理学を勉強する主人公。最近、主人公の通う大学がある町では立て続けに殺人事件が発生。同じゼミ生と、そして教授と一緒に事件を解決していきますが、ともに行動し、全く気に留めていなかった彼が、実はすべての鍵を握るサイコパスで…
 
8位 増田貴久(NEWS)
ふふ、これが最後の晩餐だよ。待っててね…
主人公にいつも晩御飯のおかずをおすそわけしてくれる隣人。最終回までに主人公の周囲の人間が次々と殺されていきます(魔王かよ)。最終回1話前のラストシーンでは、主人公にお裾分けするであろうおかずの入った鍋の横に、怪しい薬物が入った小瓶がある状態が映って終わります。(ちなみに作ってる彼は笑顔です)
 
7位 風間俊介(ジャニーズJr.)
もっと早く気づいてくれたら…こんなことせずに済んだんだ…
主人公との交流は話の中であるのですが、核心をつかれそうになるとへの字眉毛でうまく濁しつづけます。主人公は怪しいと思わずに、疑ってかからないまま話が進みますが、最終回1話前、EDが流れ終わった瞬間に銃声がし…うたれた主人公が見たのは紛れもなく彼のさびしげな表情でした。
 
6位 草なぎ剛SMAP
ハァッ…今日も最高の夜にさせてくれよ…
温厚かつ善良な市民…というか警察内部の人間であり、警察本体も完全ノーマーク。最終回の1話前では黒い革手袋をはめて死んだ目をしていてほしいです。愉快犯、性犯罪者、連続殺人犯辺りでお願いします。
 
5位 相葉雅紀(嵐)

僕から贈る最後の花です。

主人公「スノードロップ?えっとー、花言葉は希望、ですか…」

はい、でも贈り物にすると意味が変わるんですけど、ね…

(ナレ:あなたの死を、望みます)

主人公の家の近所にある花屋で働く心優しき青年。いつも疲れている主人公に花をプレゼントし、なぜか毎回花言葉が事件解決のヒントに。そんな彼は、実は一番近くで主人公を監視していた悪の枢軸だった…
 
たこ焼きを丸ぅするんは大分うまなったけど、俺にも丸くおさめられんことがあるんやで…潮時やなあ…
刑事の主人公(復讐と正当な報復のため刑事になった)に情報を与え続けるたこやき屋のふりをした情報屋(たこやきをたくさん買うと情報をくれるシステム)。しかし実は、主人公の父親の死の原因を作った黒幕で…
 
3位 有岡大貴(Hey! Say! JUMP
(電話で)…もしもし?ああ、お前か。大丈夫大丈夫。上手くやってるよ。…だってアイツ、すっかり信じてるし、その上俺に惚れてやんの。笑える…もう、さっさと済ませちまおう。…フィナーレさ。
天真爛漫で、初回から主人公を元気付けてくれる。相関図でも割りと主人公に近い位置。ぶっちゃけ主人公と両想いだったりする。なのに、なのに…ッ!最終回の1話前のEDが終了後、夜道を歩く足元がうつります。あまりよくない予感をさせる電話の内容。声の主が彼だとわかって画面が暗転し、次週へ引き継がれます。
 
2位 伊野尾慧(Hey! Say! JUMP
ごめんね、ほんとはこれ以外の方法があったのかもしれない…でもね、僕はお前がずっと憎かったんだ…こんな兄ちゃんを許しておくれ
主人公にとって大切な人、守るべき人として初回から登場。正義と勇気の源となる存在です。病床で彼は療養しているのですが、最終回の1話前ラストで、チューブを引きちぎり身なりを整え、病院を脱走し、なぜか主人公が戦う敵と合流します。実はすべてを操っていたのは他でもない彼で…。
 
1位 松島聡(SexyZone)
先輩みたいにホイホイ人のこと信じるから、騙されるんじゃないんですか。ずっと隣にいてアホらしいと思ってましたよ。ダメ人間過ぎて一緒にいるのが楽しかったです。呆れを通り越しちゃって。
物語の初期、1、2話あたりで主人公側についてくれる心優しき後輩男子(イメージはオフィス内の女の戦いです)。次第に相棒として、そしてほんのりと愛情も芽生えてくるのですが、実は敵Gのスパイ、手先だった~~~!!!本人に暗い過去があったら泣く。責めきれない。悪側の正義を訴えていただきたい。
 
 

ごめんなさああああああい!!!!!!

結構なひどいことかいたよね?怒らないでね?夜中に刺さないでね???(落ち着け)
 
順位は自分でもつけててよくわからなくなってしまった…。とりあえず、一見闇属性じゃなさそうな人たち(だけどマジ闇)を選んだつもりです。
ちなみに10人に削る前のメモには、薮宏太さん、佐藤勝利さん、香取慎吾さん、松岡昌宏さん、三宅健さん、森田剛さん、生田斗真さんの名前もありました。
 
ほんっとうにお粗末様でした!
 
後半とか完全に「こいつの悪役が見たい」っていうわたしの趣味です。
頑張れTV局の偉い人!!!