何万分の1の星になる

ジャニーズ話の雑記帳

ウィークエンダー新規的 金田一三部作の話

DVDが発売されましたね!私は辛いときにちまちま見ることとして、今日はシングルの話です、すみません;

 

毎年恒例の楽曲大賞で今回2014年はHey! Say! JUMPウィークエンダーが一位を獲得し、彼らが二年連続で首位だ!これはそろそろ来るぞ!となったのは記憶に新しいところです。

 

私は先日かいた通り、(CD購入をひとつの目安とするならば)ウィークエンダーでファンになった、いわゆる「ウィークエンダー新規」「ウィークエンダー出のJUMP担」です。

ただ、わたしのこの行動に至る背景にRide with me という楽曲があることを忘れてはなりません。

 

ウィークエンダーにしろRide~にしろ、共通しているのはどちらも、山田涼介主演「金田一少年の事件簿」主題歌ということです。

これに、一番最初の山田ソロ曲「ミステリーヴァージン」を合わせたものを「金田一三部作」として、(勝手に名付けて)考察していこうと思います。

 

1.ミステリーヴァージン

日本テレビ系列『金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件』主題歌

山田涼介のソロシングルです。

 

ミステリー ヴァージン(通常盤)

ミステリー ヴァージン(通常盤)

 

 

当時まだJUMPに興味を持っていなかった私は、やまだくんがまた一人だけ目立っているのかあ、JUMPの仲は大丈夫なのかしら。(失礼)と、勝手に心配しておりました。でもその程度で、ドラマを見たりとか曲を聞くとか、そういった行動に移して様子をうかがうということはしませんでした。

彼自身が後にインタビューで、本人はJUMP全員でシングルを出せると思っていた、でも違った、メンバーにどう打ち明けようか悩んだという旨の発言をしています。そんな中でBESTお兄ちゃんをはじめとしたメンバーはソロのチャンスを応援してくれた、とも。泣ける。好き。

 

嵐にもJUMPにも、あらゆるグループに言えることですが、グループだからこそ与えられる仕事がある一方で、個人仕事が結果としてグループに返ってくる、という発言や姿勢は、新人とは言えなくなった中堅期以降よく見られるように思います。 持ちつ持たれつってやつですな

 

だから実のところは、私が憂いていた不仲なんてほとんど心配しなくてよかったわけです*1

 

よく歌詞を見てみると、

「繕うことに慣れちゃ 自分の居場所 無くしてくだけ」

なんて部分があったりする。どんな気分でやまだくんはこれを歌っていたのかな。PVメイキングでもメンバーの名前を叫び、さびしいさびしいといっている姿が見られます。

 

余談にはなるのだけれど、これのどれかの販売タイプに収録されている「愛のかたまり」。これ好きなんです。

もとは彼の尊敬する先輩光一くんが所属するKinKiお兄さんの曲ですが、山田くんがカバーしたものがはいっています。

やまだくんの歌いかたは多少癖がありますがよくこんな音でるなあってくらい男の人なのにきれいな高音が出ますよね。 

JUMP全体にキー高い傾向あるから、低いものも聞いてみたいなあ。

(ソロパートが昔から与えられてきたやまちね、歌唱力のあるやぶひか、アイドルスウィートボイス伊野尾、は高い音が歌えるイメージ)

 

2.Ride with me

金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件』 主題歌 

 

Ride With Me(初回限定盤1)(DVD付)

Ride With Me(初回限定盤1)(DVD付)

 

 

さてさて、そんななか時はたち、2013年の終わりに発売されたのがRide with me。歌番組やPVでは、彼らが2010年頃から暖め始めていた、磨き始めていたフォーメーションダンスが存分に発揮されています。もともと他のGの担当でも、あるいは普通に番組を見ていた人でも、この曲とAinoArikaの披露により「JUMPって踊れるんだ!」と気づいた人は少なくないかと思います。

年末の発売ということもあり、オリコンうんぬんで騒がれることもなく、2013年の楽曲大賞でもTOP10には入りませんでした。これ、少し不満だったりします。第2のデビュー曲って本人たちがいうくらい「かわいい」ではなく「かっこいい」おじゃんぷがつまっているのです。その上、ジュリー班に移動したお陰かパート割に変化が起きていて、全員にソロパートがあるのです。表題曲だと多分はじめてではないかと!やったね!*2

個人的なおすすめはLiveMonsterでの披露。(さがせばあるはず)

顔面偏差値の高いJUMPの中でも山田くんとならんで美形と言われる伊野尾くんに対する大サビ前のカメラワークが最高。眼福です。

この曲に関して言えば、自分自身まだJUMPのファンにはなっていない、自覚はないものの、イントロとアウトロがレベルたかかったりノリよかったりで耳が気に入ったのも大きかったです。この曲が次のとどめのウィークエンダーまで、みんなに聞き続けられるだけのポテンシャルを持っていたことが、ウィークエンダー出の新規を増やしている理由なんじゃないかと思う。そうであってほしい。

 

3.ウィークエンダー

金田一少年の事件簿N(Neo)』主題歌

 

 たぶんこの曲でJUMPに落ちた人は多いんじゃなかろうか。可愛いとかっこいいとセクシーがつまっていて20代万歳!ってなる。なんとなく金田一みてて聞こえてきたOPがとってもとっても素敵で、「エッ、JUMPってこんな曲も歌うようになったの?!」って思ったのも今では懐かしい。

その後もこの曲が耳から離れることはなく、Youtubeのラジオ音源をあさっては聞いてリズムに乗ることを繰り返す日々が続いた。しかしJUMPには初回のDVDにメーキングがつくという。それを知り、「今回は買わねば、他のグループでも別にはまるわけじゃないし、大丈夫でしょ…」という謎の使命感に駆られたのだった。Amazonでぽちり。(とかいっているけれど自分の欲です、すみません)人生が狂った(嬉しい)

 

完全に想定外だったんですよ。金田一だからてっきりかっこいい曲で来ると思ったら全然そんなことなくて、むしろかわいい…PVはやまだくんと擬似恋愛できるしみんな楽しそうだし、メイキング面白すぎる。「ヤバイ」って100回くらいいえます。

音がキャッチーだしサビの振り付けは皆で踊れるし 、老若男女のココロわしづかみでしょ…ちゃんと武器のダンスも生かせるつくりになっている上にこれも全員にパートが割り与えられているので(しかもTVサイズの範囲内に)、新規的には歌声と顔と名前を一致させるのには最適なシングルだと思います。絶対もう少し売れてもいいって…

 

総括

 ミステリーヴァージンでは

「繕うことに慣れちゃ 自分の居場所 無くしてくだけ」
「必ず本当の君の姿を 解き明かして見せる」

と歌い、Ride with meでは

「No doubt ボクらの未来なんだ キミらしく描けばいい」

「We gotta Go now ボクらの時代なんだ 胸を張って生きればいい」

 と歌う。そしてウィークエンダーでは、いろいろなところで言われているとおり、初代金田一の主題歌をオマージュし、

「恋は、キラリ ミステリー 最高に魅力的な謎をとく」

なーんて歌う余裕が出てくる。

「So 解けない愛から始まる ∞ミステリー」

「君にやっとたどり着いた スウィートアンサー」

解かねば(must)だったもの、使命感があったものが、土曜だぜ!ミステリーだぜ!恋しようぜ!的な余裕が垣間見れるようになってて、これが全員20代になったJUMPの力なのかなって勝手にカンゲキしてふるえている。

他にもウィークエンダー新規さんがいたら語りたいし、この3曲の見解について聴きたいなあなんて思います。

 

とりあえず今年も素敵な笑顔を一杯見せてほしいなあ。

 

 

 

そういえば以下の記事。データまとまっててすごい…いつかこんな風にJUMPと嵐を比較して年表つくりたい…!

http://aicinq.hateblo.jp/entry/2015/01/12/191615

 

*1:やまゆと氷河期は不仲とかそういう問題じゃないからここでは割愛

*2:山田有岡がフィーチャーされているのは、ドラマの出演者なのだから至極当然のこと